127:生の実感...!! 我愛羅がサスケにこだわる理由

naruto巻ノ十五

話ノ百二十七:生の実感…!!

右腕が異様な形に変化した我愛羅は
すごい速さと怪力でサスケに襲い掛かる。

サスケはなんとか回避して木の陰に隠れます。

その時修行中に我愛羅が現れた時のことを思い出す。


我愛羅がサスケにこだわる理由・・・

それは自分に似て本当の孤独を知る目をしているから。

自分を孤独という地獄に追いやった者を
殺したくてウズウズしている目・・・

戦いとは他者と自分の存在を懸け殺しあうこと

勝った者だけが己の存在価値を実感できる


そして我愛羅はこう指摘する。


お前も本当は望んでいるはずだ
自分の存在価値を確かめたい

殺意を向けるものより
本当に強い存在なのか?



サスケはなぜ自分だけ生かされたかわかっていた

あいつがオレを生かしたのは
一族殺しの罪悪感に苛まれぬ為の存在として

兄貴(イタチ)は自分を殺させる為に
復讐者という存在としてオレを選んだんだ!


サスケは千鳥を発動させ我愛羅に飛びかかり
異様な右腕を大きく裂く!!!


ナルト15巻・サスケの限界
TOPPAGE  TOP