巻ノ二十五 兄と弟

巻ノ二十五 兄と弟 うちは一族に起きた恐るべき過去

巻ノ二十五 兄と弟

naruto巻ノ二十五

ナルト25巻:兄と弟

218:木ノ葉の仲間!!
219:未来と過去
220:兄(イタチ)と弟(サスケ)
221:遠すぎる兄
222:イタチの疑惑
223:サスケと父
224:その日…!!
225:闇の中…!!
226:親しき友に…!!


うちは一族に起きた衝撃の過去が明らかになる。

サスケはかつて兄のイタチのことが好きで
いつも修行してほしいと頼んでいた。

でもイタチは任務で忙しく
なかなか付き合ってもらえなかった。

あと父親はイタチのことをばかり見ており
少し嫉妬心もありました。

ある日、警務部隊の者が
イタチの下をたずねてきた。

なにやらうちはシスイなるものが
身投げしたことを伝えにきたのだが
彼らはイタチの仕業と疑っていたのです。


イタチはこれまで見せたことがない様子を見せ
3人の警務部隊の者を殴り倒します。

最近イタチの様子は変だった。

そしてある夜、
サスケはたくさんの人が
倒れているところを目撃します。

家に帰ってみると両親が倒れており
イタチがそばに立っていた。

イタチはうちは一族全員に手をかけていた・・・

そしてなぜかサスケだけを生かすのです。


万華鏡写輪眼を開眼しうる者・・・

もし開眼すれば生かしておく意味があるというが。


そしてサスケは秘密の集会場奥にいき、
うちは一族の瞳術がなんのために存在するのか、
その秘密をしることになる。


サスケとナルトは再び激しい戦闘へ!!


サスケとイタチの過去が分かるナルト25巻

TOPPAGE  TOP