巻ノ三十六 第十班

巻ノ三十六 第十班 飛段の恐るべき能力

巻ノ三十六 第十班

naruto巻ノ三十六

ナルト36巻:第十班

320:賞金首…!!
321:口上手…!!
322:あいつは殺せない
323:神の裁き!!
324:シカマルの分析!!
325:後は無い…!
326:望んだ痛み…!!
327:絶望の中に…
328:第十班
329:その目的…!!


風の性質変化を会得したナルト。

今度はそれと形態変化を同時にやる、
つまり螺旋丸と組み合わせる修行に入ります。

でもそれはあまりにも難しいものだった。

それはカカシはおろか
四代目火影ですらできなかったのです…



その頃アスマ、シカマル、イヅモ、コテツは
地陸を殺した暁の飛段と角都と接触する。

最初はうまくいった思われたが
飛段は首を切ってもなぜか死なない
不死身の体を持つ者だった・・・

そして特異な能力を持っていましたが
シカマルが分析してその正体を暴きます。

しかし、それによりアスマが・・・

後からチョウジやイノが合流しますが
もうどうしようもなかった・・・


飛段と角都はリーダーらしき男からの命により
いったんアジトへと退きます。

そして暁の目的がリーダーの口から語られる・・・


ナルト36巻・悲しき展開

TOPPAGE  TOP