33:英雄の橋!! タズナが命名した橋の名前(波の国編完結)

naruto巻ノ四

話ノ三十三:英雄の橋!!

ザブザが倒れた頃・・・
なんとサスケが目を覚ました!

どうやら白は最初からサスケ達の命を
狙っていなかったようでした。

とりあえず一安心していたら、
ガトーの手下共がこちらに向かってきます!

カカシもチャクラを使いすぎたので
地味にピンチでしたが、
一本の矢が飛んできます!

後ろを振り返ると
なんと町民が一致団結して
駆けつけてきてくれたのです!

そう、イナリの想いがみんなに通じたのです!

そしてナルトと同じく
カカシも影分身の術を使い
あらくれ共を追っ払うことができました。

ザブザの元に歩み寄ったカカシは
白の顔がみたいという頼みに応じ、
ザブザを白の横に運んであげます。

季節はずれの雪が舞い降りる。

ザブザは白と同じところにいきてえなぁ
涙を流しながら旅立っていきました。

白の目元に雪が落ち、
まるで白も泣いているようでした。


それから2週間後、
ザブザと白の墓前の前で
サクラはカカシに質問します。

忍者の在り方ってやっぱ
この二人が言ってた通りなのかな、と。

忍者は自分の存在理由を求めちゃあいけない

ただ国の道具として存在することが大切

それは木の葉でも同じだよ、
とカカシはいいます。

でもナルトはそれに納得できないから
自分の忍道を貫くことを宣言します。


そしてカカシ一行は岐路につきます。

タズナは町民の心を変えてくれたナルトに感謝し、
橋の名前をナルト大橋にします。

世界中で超有名な橋になるよう願いを込めて


ナルト四巻(波の国編完結!)
TOPPAGE  TOP