巻ノ六十一 兄弟、共闘!!|サスケとイタチがカブトに挑む!



ナルト61巻:兄弟、共闘!!

576:再会の道標
577:憎しみの刃
578:絶望の弱点!!
579:兄弟、共闘!!
580:兄弟の時間
581:それぞれの木ノ葉
582:何も無い
583:これは誰だ
584:薬師カブト
585:ボクがボクであるために
586:イザナミ発動
587:9時になったら


ついに再会を果たしたサスケとイタチ!

サスケはイタチに聞きたいことがたくさんあったが
イタチはカブトを止めるためと動きを止めない。

いったんサスケを幻術にはめて
カブトが潜伏する鍾乳洞に突入した。

しかし、サスケはすぐに幻術を解きすぐにかけつけた。


一方、ツナデは額にためたチャクラを開放し
雷影を超えるパワーでマダラに挑む!

綱手の強力な攻撃を喰らい、
マダラの封印に成功したと思いきや・・・
それは木遁分身の術だった!

ツナデは持ち前の超回復で傷を癒すも、
マダラは多重木遁分身の術でさらに五影を追い詰める…



カブトはうちは兄弟を相手に
互角かそれ以上の力を身につけていた。

蛇の仙人に行き着いた彼は仙術をマスターしており、
仙人モードで2人に襲い掛かる!

視覚と聴覚を奪う閃光を放ったり
無機物ですら自在に操るとんでもない力を発揮する。

しかし、イタチはそれでも勝利を確信していた。


イザナギと対になる禁術・イザナミをカブトにかけたのだ。


イザナミは抜けることができる術なのだが
カブトはこれまでの自分の人生に間違いがあるとは
全く思えずにいた。

61巻にして始めてカブトの過去が明らかになる。

孤児院で育てられ、木ノ葉の根の罠にはめられ
そして大蛇丸と出会う・・・


夢のタッグが実現!ナルト61巻

TOPPAGE  TOP